*全てがチャレンジな(元)お気楽主婦のブログ*

KDPのセルフ出版は全く売れない!謎の印税138円の正体は

KDPのセルフ出版は全く売れない!謎の印税138円の正体は
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「自分の本」を経費ゼロで出版できちゃうのが、アマゾンのKindle出版『KDP』

たまたま大昔のメールマガジン原稿が手元にあった私、「面白そう~」とチャレンジしました。

そして予想していたとはいえ、ド素人が出版した本…ビックリするぐらい売れません(笑)。

ところがですよ。

全く売れていないのに、なぜかロイヤリティ<印税>が138円だけ発生しているのを確認。

これって一体、どういうカラクリなのか?

調べてみると、私が知らなかったKDP独自のシステムが明らかに…!!

まずは『ド素人の本が売れない現実』についてシビアに分析してみましょう。

※ 記事内の情報は2021年1月現在 ※

KDPで絶望的に売れない3つの理由

KDPで絶望的に売れない3つの理由

キンドル・ダイレクト・パブリッシング、略して『KDP』。

その名の通り、ド素人の私でも自分1人で直接(ダイレクトに)出版できる夢のようなシステムです。

もともと私の場合、自分の本がアマゾン商品として並んでいるのを見てニヤニヤする、という記念出版のようなものでした。

とはいえ、ここまで絶望的に売れないのは何故なのか。

考えてみれば、売れない理由なんて山ほどあるんですよねー。

その中でも根本的かつ致命的な「売れない理由」を3つ挙げてみると。

**

スポンサーリンク

ド素人の書いた本買う人いる?

売れない理由・その1
誰か分からないド素人の書いた本に、お金を出す人なんていない。

そりゃそうですよね。

世間で話題になっているワケでもない、赤の他人の書いた本にお金を出す。

そんなチャレンジャーなかなかいません。

いや、タダでも読んでくれないかも~。

出版されたなんて誰も知らない

売れない理由・その2
そもそも、その本が出版された事実を知っているのが自分ひとりだけ。

そう、これですよ。

KDPの売りは、たった1人でパソコン1つで『セルフ出版』できるお手軽さ。

ということは出版しても、自分以外はその本の存在すら知らないんですよね。

自らSNSなんかを駆使して宣伝しないと、永遠に誰にも知られないかも知れない。

それはさすがに悲しすぎる。

というのもあって、今回この記事で取り上げてみました~♪

星★が付かないのが致命的

売れない理由・その3
売れないと評価の【星★】が付かない、星が付いていないと誰も買わない。

ネット通販でモノを買う時に、ユーザーが最も頼りにするのが評価【星★】の数。

私なんて『星4つ以上』とかで、絞り込み検索するコトもあるぐらいです。

でも、そもそも読んでもらえないと【星★】すら付かないですからね。

これぞまさしく負のスパイラル…!!

このように。

「KDPでセルフ出版したド素人の本」は、売れなくて当然なんです。

ただし、あれこれ調べてみると。

「小説」や「エッセイ」は売れなくても、「実用的な内容の本」や「マンガ」なら比較的買ってもらえるらしい。

自己満足の記念出版ではなく、あくまで「売れる」本を目指すなら、実用本やマンガがねらい目ですよ。

\ セルフ出版を実際に体験レビュー♪ /

アマゾンKDPは費用ゼロ!実際にセルフ出版してみたレビュー

アマゾンKDPは費用ゼロ!実際にセルフ出版してみたレビュー
少し前に何かの雑誌で知った時から、正直かなり気になってました。 アマゾンの電子書籍Kindleで、自分の本が簡単にセルフ出版できるという話。 そのサービスが『キンドル・ダイレクト・パブリッシング』<略してKDP>。 原稿に...

それでは、絶望的に売れない理由が分かったところで。

謎の印税・138円の正体を明かしましょう。

138円の正体はKDPセレクト

KDPで出版した本が、全く売れる気配すらなかったある日。

「ロイヤリティが発生しました」的な通知があったので、確認してみると。

どういうわけか、利益として『138円』と表示されていました。

 

実はこの正体は、KDPセレクトというシステム。

『KDPセレクト』とは。

出版する本がKindleストアの独占販売になる代わりに、以下の3つの特典があります。

  • 印税率が35%→70%になる。
  • 無料キャンペーンなどを利用できる。
  • KU<Kindle Unlimited>などで読まれたページ数が利益になる。

KU<Kindle Unlimited>は、購読料を月々支払って、好きな本を読み放題できるサービス。

このKUサービスなどで自分の本が読まれると、なんと読まれたページ数の分だけロイヤリティが発生するんです。

KUの読み放題を契約している誰かが、私の本を何ページか読んでくれたってコトですね。

なんとまぁ、ありがたいお方でしょう。

会って直接お礼を言いたいぐらい♪

そういえば、KDPで本のタイトルや販売価格など色んなデータを入力した時に。

「KDPセレクトに登録するかどうか」というチェック項目があったような。

どうやら私はよく分からないまま、お得な印税率にツラれて登録していたようです♪

それにしても、たった138円とはいえ。

自分が出版した本から得た初めての印税は、ちょっとした感動でした。

私の本を読んでくれた、どこかの優しい誰かが登録している<Kindle Unlimited>。

今なら30日間「読み放題」の無料体験ができますよ。

\ マンガから小説まで読み放題 /
Kindle Unlimitedの無料体験へ >>

**

さらにAmazonの聴く読書<オーディブル>でも、30日間の無料体験はメリット満載。

\ 気になる人はコチラの記事でチェック /

Amazonオーディブルの無料体験がお得すぎる♪退会後も聴けますよ

オーディブル【無料体験】月額1500円以上の価値あり!退会後も聴けますよ
忙しくて本を読む時間がない、じっと座って紙の本を読むのは苦手。 そんな現代人にピッタリなのが「聴く読書」と言われるボイスブックです。 なかでも、Amazonのオーディブル<Audible>は無料体験が超お得だと評判で気になってい...

まとめ

KDPのおかげで、ド素人が自分の本を出版するというハードルは、たしかにググーンと下がりました。

とはいえ、実際にセルフ出版した本が売れるかと言えば、まず売れない

『自分の本』を出版するだけで大満足!!の記念出版なら、問題ないですけどね。

あわよくば少しでも売れたらいいな、なーんて期待はしない方がよさそうです。

あとは私のようにKDPセレクトに登録しておくと、もしかしたらロイヤリティ<印税>が発生するかも。

その時は、この世界のどこかにいる「読んでくれた誰か」に、全身全霊で感謝して。

どこかの誰かが、さらに読んでくれるコトを祈りましょう。

そしてそして。

ビックリするほど売れないKindle出版本がこちらです。

\ 恥ずかしいけど読まれたい♪ /

【ミレニアム婚活レポ】 >>

**

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました