*全てがチャレンジな(元)お気楽主婦のブログ*

アマゾンKDPは費用ゼロ!実際にセルフ出版してみたレビュー

アマゾンKDPは費用ゼロ!実際にセルフ出版してみたレビュー
スポンサーリンク
スポンサーリンク

少し前に何かの雑誌で知った時から、正直かなり気になってました。

アマゾンの電子書籍Kindleで、自分の本が簡単にセルフ出版できるという話。

そのサービスが『キンドル・ダイレクト・パブリッシング<略してKDP>。

原稿になるデータさえあれば、なんと出版する費用は全くかかりません。

さっそく「よく分からんけど、タダならやってみよっと。」

というちゃっかり精神で、KDPの『セルフ出版』にチャレンジしてみましたー。

KDPのセルフ出版に興味のある人は、ぜひチェックして下さいね。

アマゾンKDPで夢がかなう?!

自分の本を出してみたい。

文章を書くのが好きな人なら、一度は考えたコトがあるんじゃないでしょうか。

私なんて子どもの頃から、「マンガ家になりたい」とか「小説家になりたい」とか夢見てしまう、妄想大好き少女でしたから。

誰でもカンタンに自分の本を出せる『KDP』の、まんまターゲット人間ですね。

そんな私の、KDPセルフ出版【体験レビュー】です~♪

**

スポンサーリンク

セルフ出版にとりあえずチャレンジ

出版までの作業の流れは、ざっくり次の3ステップです。

  1. 本にする原稿(WordファイルでOK)と表紙画像を用意する。
  2. KDPのサイトで、必要な個人情報を登録する。
  3. 出版する本の情報を登録して、原稿をアップロードする。

箇条書きにしてみると、超シンプル~。

とにかく原稿があればOK

本にする原稿をイチから執筆する、となると大変ですよね。

ところが今回、私が用意した原稿は。

  • 30代の頃(大昔)に気まぐれで発行していた、メールマガジンの原稿。
  • 過去に日記ブログにも掲載したことがあり、すでにWordファイル状態。
  • 実は前々から、記念として1冊の本にまとめておきたいと思っていた。

このように、まさにセルフ出版にうってつけ。

逆に言うと、この原稿があったから『KDP』にチャレンジする気になったのかも。

というワケで、本にしたい原稿さえ用意できれば、あとはモロモロ登録するだけですよー。

**

スポンサーリンク

Amazonアカウントが使える

まずはKDPのトップページで、アカウント登録からスタート

といってもAmazonアカウントを持っていれば、それでサインインできちゃいます。

通販大好きな私は、当然Amazonアカウントでサインイン♪

さらに画面の上の方にある【アカウント】から、KDPで必要な個人情報を登録しました。

  • 支払いの受け取り方法>>銀行口座の情報などを入力。
  • 税に関する情報>>なんかよく分からなかったけど、テキトーに入力。

アカウント情報の登録が終わると、いよいよ本に関するデータの入力へ。

本のデータをどんどん入力

次に【本棚】のページから、出版する本のデータを新規作成

本のタイトルや著者名などを、サクサク入力していきます。

フリガナやローマ字での入力もあって、ちょっとだけ面倒~。

その後いよいよ、本の原稿データ・表紙にする画像をアップロード~!!

原稿のWordファイル

Word形式の原稿なら、とりあえず本の形にはなります。

ただ私の場合、なにせド素人が勢いだけでチャレンジしているので。

実際に本になった時に、画面上のレイアウトがなんか今イチでした。

何度かWordでレイアウトを変更→再アップロードして、自分的にはギリギリOKですが(汗)

見た目のレイアウトにもこだわりたいなら、お好みで調整して下さいね♪

表紙にする画像ファイル

KDPのヘルプを見ると、表紙画像のサイズは縦横の比率が<1.6対1>が理想だとか。

なので私は、縦1,600ピクセル・横1,000ピクセルのJPEG画像を設定しました。

画像の品質を最高レベルにしたいなら、縦2,500ピクセル以上が推奨ですよ。

そして原稿と表紙のアップロードが無事に終わると、こんな表示が。

「原稿を正常にアップロードしました。」

「表紙のアップロードに成功しました。」

よかったぁ~~~~(内心ドキドキだった)。

続いて、本の販売価格やロイヤリティ<印税>などの設定があったりして、最終的に画面3ページ分のデータを入力。

本の販売価格なんて全く考えてなかったので、とりあえずサンキュー価格の390円にしときました。

どっちにしろ、ド素人の本が売れるとは思えないですからね。記念出版、記念出版♪

本の価格などの登録データは、後で変更するコトもできますよ。

全てのデータを入力して、【Kindle本を出版】のボタンをクリックすれば終了~。

48時間以内に、アマゾンのKindleストアで出版した本が販売されます。

うおー、こんなにサラッと出版できちゃうなんて、ホントにホントなのか?

**

スポンサーリンク

アマゾンの画面にマジで出てきた

【Kindle本を出版】ボタンをクリックしてから、実際には48時間もかからずにメールが到着。

お客様の本『***』が、Kindleストアで購入可能になり…ですってよ♪

さっそくアマゾンで検索してみると。

うひょ~~、マジで売ってる!!

当たり前なんだけど、ヘンな感じ~~。

いやいやいやいや、スゴイ時代になっちゃいましたね。

ちょっと面倒だけど、それ以上にかなり楽しい♪

本にできるような原稿が手元にある人は、ぜひぜひチャレンジしてみて下さい~。

**

スポンサーリンク

出版した本のハズカシ裏話

私がKDPでセルフ出版した本について、少しだけ紹介しますと。

今回使った原稿は、私が30代半ばにメールマガジンとして発行していた、今で言うと『婚活』レポート。

なので最終的に、ダンナも登場します(ハズカシ…)。

そしてその原稿、ダンナも全部読んじゃってます。

というか、ダンボール箱に封印してあったその原稿を、たまたま見つけたダンナが引っぱり出してきたのが10年ぐらい前。

ゴメン思わず読んでもーた。てかオレも出てるやん。

と、ニヤニヤしながら言われたのがキッカケで、Wordファイルに入力し直して日記ブログに載せてみたり。

今回はKDPでセルフ出版してみたり(日記ブログの方は削除しました)。

そう考えると、こうやってKDPにチャレンジできたのも、ダンナのおかげってコトですねー。

そしてそして恥ずかしながら。

実際のKindle本がこちらです。

\ 恥ずかしいけど読まれたい♪ /

【ミレニアム婚活レポ】 >>

アマゾンの電子書籍・Kindleでは、30日間の無料体験ができますよ~。

\ マンガから小説まで読み放題 /
Kindle Unlimitedの無料体験へ >>

まとめ

誰でも、費用ゼロで、パソコンひとつで、自分の本が出版できる『KDP』。

「本にできるような原稿」と「ちょっとした時間と手間」があれば、ホントに簡単にできちゃいました。

Kindleストアのラインナップに自分の本が並んでいる、という不思議気分も味わえますよ。

こないだ『婚活 エッセイ』で検索したら、デヴィ夫人の自伝本が隣にあったのでビビりました(笑)。

これでもし本が売れたとしたら、ロイヤリティ<印税>のおまけ付きですからね。

今回KDPでセルフ出版したものの「はたして本は売れたのか?!」については、こちらの記事でレポートしています。

あ、もう結果がバレバレ…。

KDPのセルフ出版は全く売れない!謎の印税138円の正体は

KDPのセルフ出版は全く売れない!謎の印税138円の正体は
「自分の本」を経費ゼロで出版できちゃうのが、アマゾンのKindle出版『KDP』。 たまたま大昔のメールマガジン原稿が手元にあった私、「面白そう~」とチャレンジしました。 そして予想していたとはいえ、ド素人が出版した本…ビックリ...

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました