*全てがチャレンジな(元)お気楽主婦のブログ*

コストコでバカ売れ【ピルボックス】のオニオングラタンスープを通販で簡単ゲット♪

コストコでバカ売れ【ピルボックス】のオニオングラタンスープを通販で簡単ゲット♪

コストコで大人気、色んなメディアでも紹介されている ピルボックスの『オニオングラタンスープ』

お手軽なフリーズドライなのに本格的な味わいで、ネット通販でも売れ筋の商品です。

ピルボックスのフリーズドライ食品は、オニオングラタンスープのほかにも優秀メニューがいっぱい。

この記事では、ピルボックスの人気4商品を実際に食べてみてレビューしました。

フリーズドライなら「常温保存」で「賞味期限も長い」から、ストックしておくにも超便利♪

カンタン美味しいフリーズドライ食品に興味のある人は、ぜひチェックして下さいね。

スポンサーリンク

ピルボックスのフリーズドライ4品を実食レビュー

ピルボックスジャパン【ごちtabi】フリーズドライ4品

こちらが今回レビューする、ピルボックスの売れ筋フリーズドライ4品。

ちょっとリッチ感のあるメニューが常温保存できて、お手軽に食べられるのが魅力です。

販売価格は通販サイトによって違いますが、公式サイトでの価格情報はこちら。

2022年9月現在・価格は全て税込です。
商品名内容量価 格
オニオングラタンスープ10食分2,160円
ふわとろ茶碗蒸し10袋/20食分1,728円
濃厚トリュフリゾット10食分3,132円
オマール海老のビスク10食分3,132円

料理苦手主婦の私には、一生作れそうにないメニューばかり。

さっそく実食レビューしていきますね。

バカ売れも納得の『オニオングラタンスープ』

ごちtabi・オニオングラタンスープ

オニオングラタンスープ
1食当たり62kcal

コストコの人気商品と聞くと、味がめっちゃ気になりますねー。

作り方は、パッケージの裏に記載されています。

  1. 袋から取り出した中味を、スープカップに入れる。
  2. 160~180mlの熱いお湯をカップに注ぐ。
  3. パンを上にのせてスプーンでかき混ぜたら完成。

フリーズドライだから当たり前だけど、笑えるぐらい簡単です。

袋を開けると、スープの素?と小さなフランスパンが1切れ。

スープカップに入れると、こんな感じです~。

フランスパンが付いてるから、何となくリッチ感♪

しかもこのフランスパン、2種類のチーズを塗って焼いてあるという手の込みよう。

160~180mlの熱湯を注いでみます(中間をとって170mlにしました)。

お湯を入れた段階で、絶対に美味しいやん!!と思える香りがただよってきましたー。

フランスパンをのせたら、あとは混ぜるだけ。

固いフランスパンがトロトロになってます。

ひと口食べると自然に「おいしい~♪」と声が出る味わい。

たっぷり入った玉ネギの甘みと香ばしさもあって、フリーズドライとは思えないコクの深さです~。

コストコで売れまくっているのも納得ですね。

ごちtabi・オニオングラタンスープ

香ばしさの秘密は、おそらく「カリカリに揚げた玉ネギ」が入っているから。

ピルボックスの『オニオングラタンスープ』には、「炒めた玉ネギ」「揚げた玉ネギ」「ソテーした玉ネギ」の3種類が使われているんですって。

個人的な感想をまとめると。

  • 玉ネギの甘みと香ばしさで、深~いコクが味わえる。
  • スープがしみたトロトロのパンで、かなり満足感あり。
  • 飲み終わった後も、しばらく口の中に美味しさが残る。

人気があるのは、買いやすいお値段もあるんでしょうね。

1食当たりが200円台なら、まとめて買って常備しておきたい!!と私も思いました。

おうちゴハンで洋食メニューのとき、このスープを出すだけで一気にグレードアップしそう♪

ちゃんと美味しい『ふわとろ茶碗蒸し』

ごちtabi・ふわとろ茶碗蒸し

ふわとろ茶碗蒸し
1袋2食当たり35 kcal

ふわとろ茶碗蒸しは、1袋で2食分になりますよ~。

作り方もちょっとひと手間かかる感じです。

  1. 熱湯140mlで1袋分を戻してから、少し冷ます。
  2. しっかり溶いた卵1個分を混ぜ、耐熱容器2個に分けて入れる。
  3. ラップをして数か所穴を開け、電子レンジで500W・4分ぐらい加熱する。

フリーズドライ食品にしては、手順がちょっとだけ面倒な感じ。

茶碗蒸しを1から手作りするのに比べれば、超カンタンですけどね♪

ごちtabi・ふわとろ茶碗蒸し

これで茶碗蒸し2個分になるなんて信じられないぐらい、小さめサイズです。

お湯を入れて溶かしました~。

お湯に戻ると、しいたけや銀杏・三つ葉などの具で彩りが出てきますね。

卵を1つ溶いて混ぜ合わせたら、2個分に分けて耐熱容器に。

ラップをして、電子レンジで500W・3分40秒(やわらかめ)~4分20秒(固め)チンすれば完成です。

初めてなので、中間の4分ちょうどレンチンしてみました。

ごちtabi・ふわとろ茶碗蒸し

おぉ~どこから見ても「茶碗蒸し」です。

ごちtabi・ふわとろ茶碗蒸し

ちゃんとふんわり食感に仕上がりました♪

もっとトロトロ系も食べてみたいから、次はレンチン時間を短めにしよっかな。

ピルボックスの『ふわとろ茶碗蒸し』、個人的な感想はこちら。

  • なめらかな舌ざわりで、普通に美味しい手作りの茶碗蒸し。
  • 上品なダシの風味に、三つ葉のアクセントがイイ感じ。
  • これで10袋20食が1,500円程度なら、コスパ良すぎ。

ちゃんと手作り感のある美味しい茶碗蒸しが、お手軽に食べられるのは嬉しいですよねー。

卵だけあればOKなので、もう1品ほしいときに使えそうです。

来客に出しても、まさかフリーズドライ食品とは思われないはず。

チーズ風味がクセになる『トリュフリゾット』

ごちtabi・トリュフリゾット

トリュフリゾット
100g当たり77kcal

トリュフと言えば、言わずと知れた高級食材。

フリーズドライで、どこまで本格的な味なのか気になります~。

作り方はパッケージの裏面に。

  1. 温かいご飯150gを器に用意する。
  2. 袋の中味をご飯の上にのせる。
  3. 90mlの熱湯をかけてよく混ぜる。
*「濃厚」リゾットにする場合は、ご飯90g・熱湯80ml*

ご飯にお湯をかけて混ぜるだけで、トリュフリゾットのできあがり。

ピルボックスが開発に3年半かけて作った自信作なんですって。

ご飯の量・お湯の量によって、好きな濃厚さに調整できるのはイイですね。

でもトリュフなんて食べた経験が少なすぎて、味が想像できないかもー。

まずは袋を開けてみましょう。

とりあえず基本どおり、白ご飯(150g)と熱湯90mlで作ります。

150gというと、ゴハン茶碗にわりと少な目の1杯分ぐらい。

ごちtabi・トリュフリゾット

お湯をかけたとたん、コクのあるチーズの香りがブワっと広がりましたよー。

よ~く混ぜて、ひと口食べみたら。

ごちtabi・トリュフリゾット

なにコレー!! めっちゃ好き♪

このうま味を出しているのが、トリュフなのかしら(たぶん)。

ピルボックスの『トリュフリゾット』、興奮冷めやらぬ個人的な感想はこちら。

  • トリュフのうま味と、チーズの塩味でクセになる味。
  • 残りゴハンにかけただけで、お店で食べるリゾットみたい。
  • しっかり濃厚だから、子どもたちも喜びそうな美味しさ。

いやーマジで好きですコレ。

食べながらずっとアホみたいに「おいしい~」を連呼してました。

絶対にリピートして、常時ストックしておこうっと♪

牛乳ちょい足しが絶品『オマール海老のビスク』

ごちtabi・オマール海老のビスク

オマール海老のビスク
1食当たり81kcal

またまた高級食材の、オマール海老が登場。

ビスクって、海老など甲殻類(こうかくるい)のダシの美味しさをベースに作られるスープなんですね。

袋のサイズが、ほかの3品よりひと回り大きめです。

記載されている作り方はこちら。

  1. 取り出した中味をスープカップに入れる。
  2. 140mlぐらいの熱いお湯を注いでよくかき混ぜる。
  3. お好みで牛乳や生クリームを加えてもOK。

スープだから、お湯を入れて混ぜるだけのカンタンさ。

でもサイズが結構大きくて、小さいスープカップには入りませんでした。

ごちtabi・オマール海老のビスク

袋の中味は強く持つとホロっと崩れそうな質感なので、慎重に取り出さないとボロボロになっちゃいそう。

麩菓子(ふがし)ってもう知らない人が多いのかな、あんな感じです。

熱湯140mlを注いだら、一瞬で「エビ!!」の香りが広がりました。

ごちtabi・オマール海老のビスク

やわらかいから、溶けるのもあっという間です。

とにかくコクの濃厚さがすごくて、完全に家じゃなくレストランの味。

私にはちょっと濃厚すぎたので、牛乳をちょい足ししてみました。

牛乳を入れたら、なんだかオシャレ~♪

ピルボックスの『オマール海老のビスク』、個人的な感想はこちらです。

  • 海老のコクがかなり濃厚、味はイイけど私には濃い感じ。
  • スプーン1杯ぐらい牛乳を入れたら、めちゃめちゃ好みの美味しさに♪
  • 単品で飲むよりも、パンと合わせたらエンドレスで食べられそう。

魚介系大好きな長男は、そのまま食べて「なにコレうまっ!!」とハマってましたが。

私の場合は牛乳を加えたとたん、めっちゃ好みに味変した感じ。

薄味が好きな人は、牛乳や生クリームを入れた方が飲みやすいと思いますよ~。

オニオングラタンスープと同じく、お祝いやごちそうメニューのときに活躍してくれそうなスープです。

ピルボックスのフリーズドライ>個人的感想

フリーズドライ製法を発明したのって誰なんでしょう。

マジ天才ですよね。

今回ピルボックスのフリーズドライ・4品を食べてみた、率直な感想をまとめると。

  • カンタン調理なのに、4品とも本格的な美味しさだった。
  • ごちそう感があるので、自宅でのお祝いメニューにも重宝しそう。
  • 常温保存でコンパクトだから、ストックしやすいのが嬉しい。

味の好みは人それぞれですが、4品ともレベルが高くて「ストック食品」としては超優秀♪というのが個人的な結論。

自分では絶対に作れそうにないメニューが、わりと気軽な値段で買えるのも魅力です。

実は正直、毎日苦手な料理をするコトに飽き飽きしている私。

これからピルボックスのフリーズドライなんかも利用して、手抜きでも美味しい食生活を目指します♪

**

料理したくないときに読んでほしい記事はこちら
ぶっちゃけ料理したくない!主婦だって5つの逃げ道で脱ストレス♪
「主婦歴ほぼ20年の、50代主婦です~」。 なんて言うと、毎日ちゃちゃっと手際よく料理をしているイメージを持たれそうですが。 基本いつも「料理したくない…」と思いつつ、だましだまし夕ご飯を...

まとめ

ピルボックスの人気フリーズドライ商品、4種類の実食レビューをお届けしました。

お湯をかけるだけのインスタント食品なのに、予想以上の本格的な美味しさで感動。

常温で保存できて賞味期限も長い、というのも大きな魅力です。

『オニオングラタンスープ』は、コストコでバカ売れしているのも納得の味わい。

個人的には『トリュフリゾット』に完全にハマっちゃったので、リピート確定です。

コストコで人気のフリーズドライ食品。

コストコに行く機会がない人も、ネット通販でお手軽にゲットしちゃいましょう♪

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました