ビール通販で『かつて愛した』ビットブルガーと再会レビュー

スポンサーリンク

ダンナと結婚してから、息子2人を妊娠・出産してかれこれ20年近く。

その間、お酒をほとんど飲まない生活がなんとなく継続中の私ですが。

結婚前までは「ビールを飲むために生きている」と言っても過言ではない、ビール大好き酔っ払い女子でした。

国産ビールにも好きな銘柄が山ほどあるなか、個人的な史上ベスト・オブ・ビールと言えば。

ドイツビールの『ビットブルガー<プレミアム・ピルス>』。

ダンナの急死で突然シングルという状況下、それなりにガンバッている自分へのごほうびに。

このたび、ネット通販で注文しちゃいましたー。

なんとまぁ20年の時空を超えた、感動の再会レビューでございます。

通販で世界のビールが飲める幸せ

私がビールを浴びるように飲んでいた20年前は、今みたいにネットで何でもホイホイ買えなかった時代。

だから私が「ビットブルガー」を飲めるのは、たま~に行く小ぢんまりした居酒屋さんだけでした。

ドイツビールの中ではメジャーな銘柄だけど、なにせ関西の片田舎なので取り扱っているお店がほとんどなくて。

それが今や、ネットで「ビットブルガー 通販」と検索して、出てきた商品をポチっとするだけ。

うわ~これをキッカケに、色んなビールをお取り寄せしたくなったらどうしよ。

そんなこんなで、ビットブルガーが届きましたー♪

**

スポンサーリンク

ビットブルガーと感動の再会

今回、私の元にビットブルガーを届けてくれたのは、お酒の専門店「リカマン」の楽天市場店。

とりあえず330ml<ビン入り>を2本だけ注文したので、これぐらいのサイズ感。

ビットブルガー、ついに姿を現しました。

うっすら見えてる『Bitburger』のロゴが、懐かしすぎてヤバイです。

330mlだから、いわゆる小ビン(こびん)サイズですね。

ラベルの表裏まで念入りにながめてから、さっそく冷蔵庫へと移動していただきました。

ビットブルガーとの本格的な再会は、息子たちのいない平日の昼間に決行するコトに♪

おつまみを何にするか問題

さて今回、ビットブルガーを飲むにあたって、ベストなおつまみは何か。

ドイツビールだけに、やっぱりソーセージでしょ!!というコトで、あれこれ考えた結果。

わが家の冷蔵庫にいつも入っているソーセージ「香薫<こうくん>」に決定いたしました。

実は最初は、せっかくだしソーセージも普段は食べない、スペシャルなヤツを買おうかと思った私。

でもでも、よく考えてみると…。

ソーセージが美味しすぎると、ビットブルガーとの再会の感動が薄れてしまいそうで、それはなんか違うかなと。

かつて大好きだった元カレとの感動の再会なのに、すぐ隣に初対面のイケメン君がいたりしたら。

元カレとの再会に集中できないかな~みたいな。

ということで、いつもの美味しさ「香薫」で、ビットブルガーに一点集中

元カレとの再会に一球入魂、いたします~。

**

スポンサーリンク

やっと飲めるよビットブルガー♪

さぁ~飲むぞ~~!!っとテンションも上がりまくった、平日の昼下がり。

何年も使っていない「栓抜き」がなかなか見つかりませんでしたよ。

久しぶりに使うジョッキ、こちらもキッチリ冷やしております<鉄則>。

ビール命だった頃に、美味しいビールの注ぎ方をさんざん練習した私。

最初イッキに注いで泡を作ったら、後はゆっくり注いで泡を細かく調整するべし。

ちょっとコレ、なかなかイイ感じなんじゃないの~♪

うーん、泡のキメがちょっと粗いかも…でもまぁ合格。

ハイ、ビールと泡の黄金比7:3の出来あがり~。

さっそくひと口。

クゥゥーーー!! やっぱり美味し~~い♪

ビットブルガー<プレミアム・ピルス>は、日本のビールでも定番の「ピルスナー」タイプ。

ほどよい苦み、そして何と言ってもノド越しのスッキリ感がたまりません。

いつもの香薫が、ビットブルガーとのコラボでとんでもなく美味しく感じるぞ。

もう写真を撮ってる場合じゃない。

ビットブルガー、アルコール度数は4.8%と低めです。

ソーセージ以外でも、焼肉や串カツなんかと一緒にゴクゴク飲むのにピッタリなビール。

というコトで。

平日のまっ昼間、まさに至福の時間でした。

やっぱり私の好みドンピシャだわ、ビットブルガー。

うーん国産ビールなら、ヱビス<サッポロ>や一番搾り<キリン>が好きな人に合いそう。

というのが、超個人的な見解です~♪

オレもビール飲みたいぞー。

いつもお供えに、スーパードライ置いてるよー。

いやそれ、ぜんぜん飲めてへんし…。

などと。

脳内ダンナとしょーもない会話をしながら、これからもたまには飲ませていただきます。

銘柄そのままが会社名の『ビットブルガー社』は、ドイツでも有名な醸造会社。
1817年の創業以来、世界中で愛されている最高レベルのピルスナービールを造り続けています。

まとめ

20年近く前にこよなく愛していたドイツビール『ビットブルガー』

時空を超えた感動の再会を果たして「やっぱり最高♪」と再確認いたしました。

通販でこんなに簡単に手に入るなら、もっと早く注文すれば良かったと後悔の嵐。

だって自分の人生がいつまで続くかなんて、ホントに分からないですからね。

ダンナの人生が目の前で突然終わってしまったことで、とてつもなくリアルになったその事実。

家計の節約も大切だけど、いつ終わるか分からない人生なら「なるべく楽しんで」過ごしたい。

そんなワケで今後、たま~に自分へのごほうびチャレンジも続けていく予定です♪

「チャレンジ」て付けたら、何でもエエ感じになると思てるやろ。

バレたか…。

**

\ スイーツ好きならコチラもチェック / 

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました